【映画】ALWAYS三丁目の夕日'64 3D

今日は、頼まれていた図面を提出するために梅田(大阪)へ。

でも約束は午後なので、先に映画を観るため午前中に家を出発。

今年、二本目。

映画のタイトルは、
      「ALWAYS三丁目の夕日'64 3D」


e0204795_16552612.jpg

映画版のシリーズも大好きなんですが、もともと西岸良平さんの原作漫画が大好きなので作品は全部持っています。
e0204795_1656577.jpg

最初、一作目の映画化が決定した時、登場人物の一人で集団就職のため上京してきた六さんが女の子(原作では、男の子)と知った時はダメだなこりゃと思いましたが、映画を見て女の子でよかったなと思いました。

鈴木オートの社長も怒りっぽくなっていたり、小説家の茶川さんも若く設定されていましたが、ぜんぜん違和感がなく本当にいい映画に仕上がっていました。

そして、今回の三作目。

今回は、堀北真希さんが演じる六ちゃんがメインなんですが、六ちゃんが原作通りの六さんだったら、今回のストーリーは成り立ちません。

二作目まで面白くても三作目になると「踊る大捜査線」の三作目の事もあるので、嫌な予感もちょこっとしていましたが・・・。

やっぱり一作目が完璧だったのに対して、三作目となると話はよくあるパターンなんですが、個人的にはシリーズを通して観るとこの三作目が一番最高の出来だと思います。

東京オリンピックなど自分が生まれる前の話ですが、今回も三丁目の住人達の笑いあり感動ありと本当に楽しい映画でした。

また、今回は3Dで観賞しましたが、オープニングとエンドロール以外は残念ながら3Dの効果はあまり感じませんでした。
でも、そのシーンだけでも最近の3D映画よりはぜんぜん良かったです。

もし、四作目が製作されたら、今度は高度成長期あたりの時代でしょうか!?

次は、ケーブルテレビの試写会が当たったので、公開前に「はやぶさ 遥かなる帰還」を観ます。
なんと家のテレビで観れるそうなので、那奈と寝っ転がっての観賞予定です。
[PR]

by nanapapa4322 | 2012-01-21 17:15 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< お気に入りの場所 家政婦のミタを見た!! >>