【TV】誘拐報道

今日は、朝から雨。

仕事も思ったより早く片付き、午前中に完了。

午後からは、またハードディスクに録画していた映画を観賞。

      映画のタイトルは、「誘拐報道」

兵庫県宝塚市で、実際に起きた誘拐事件をベースにした作品。

小学校で同じクラスの男の子と女の子。
そして、男の子が誘拐される事件が発生。
しかも、犯人は女の子の父親。

舞台が宝塚近辺なので昔の宝塚ファミーリーランドの映像が流れたり、追いつめられた誘拐犯役萩原健一(ショーケン)の鬼気迫る演技、妻役の小柳ルミ子の演技も良かったです。

やがて事件はして、夜逃げ同然で家を出る母と娘。
張り込んでいた新米記者に向って、「うち・・・お父ちゃんすきや!」と娘がひと言。
二人の姿をカメラにおさめたものの、特ダネに使用しなかった新米記者。

一番インパクトがあったのは、エンドロールのあとに映し出されるこのカット。

ある日を境にして、誘拐犯の娘と被害者になるという悲しい現実。

実際の事件はどうだったのか分かりませんが、マスコミや犯人逮捕を優先する警察。
映画では無事に男の子は保護されましたが、なかなか考えさせられる映画でした。

この作品もDVDは発売されていないようなので、Blu-rayに保存しておこうと思います。

最近は、WOWOWでも新作を放送するのが早く、CSでも昔の映画をよく放送しているので録画した映画がすぐ溜まりますが、観た事のない昔の映画もなかなか面白いです。

そして、映画を観終わって外を見たら、ようやく雨も止んだようなので夕方はゆっくり散歩に行けそうです。
[PR]

by nanapapa4322 | 2012-07-03 15:15 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< 【DVD】おばあちゃんの家 【TV】ザ・オーディション >>