【映画】エンド・オブ・ホワイトハウス

昨日は急な仕事が入り忙しかったですが、比較的涼しかったで仕事もはかどり、今日はその仕上がった図面を早朝にメールで送り那奈の散歩も早めに終わらせて、久しぶりに映画を観に行って来ました。

でも、打ち合わせでもなく梅田(大阪)へ行くのは面倒くさいので、また車で15分程の場所にある「109シネマズ箕面」へ。

今年7本目。

映画のタイトルは、
     「エンド・オブ・ホワイトハウス」


e0204795_1951641.jpg

なんと、ホワイトハウスがあの某国のテロリストに占領され、たった13分で陥落!!
それも、もし自分がテロリスト集団のボスだったら占領しがいがある程にセキュリティが甘くツッコミどころ満載、でもそんな事は関係なくすごく面白い作品でした。

「ダイ・ハード」のブルース・ウィリス以上の活躍を見せるジェラルド・バトラーと、相変わらずいるだけで存在感のあるモーガン・フリーマン。
ですが、自分が一番印象に残ったのは名前は知りませんが女性が演じていた国防長官。
テロリストの暴力にも屈しず、核ミサイル作動のアクセスコードを言おうとしない根性には脱帽しました。

でもこの脚本、欲を言えば「ダイ・ハード」シリーズで使用してほしかったです。

また、最近はホワイトハウスが占領される映画が流行っているのでしょうか?
本編が始まる前に、違う作品の予告編が流れていました。

タイトルは、「ホワイトハウス・ダウン」。
監督は、地球を何度もメチャクチャにしているローランド・エメリッヒ。

公開は8月なので、こちらも楽しみです。
というか、ローランド・エメリッヒの作品は大好きなので必ず観ます。

次は、「ワイルド・スピード EURO MISSION」を観に行く予定です。
[PR]

by nanapapa4322 | 2013-06-10 20:00 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< ツバメの巣 【本】旅猫リポート >>