【映画】すべては君に逢えたから

昨晩、デザイン修正の連絡が入ったので仕事をしようとパソコンを立ち上げたら、映画「ワイルド・スピード」シリーズに出演しているポール・ウォーカーさんが、交通事故に遭って死去したという衝撃的なニュースが・・・。

車好きなら誰もが知っている、映画「ワイルド・スピード」。
自分も車が好きで、映画も1作目からすべて観ていてシリーズの大ファン。
その中でも特にお気に入りのキャラクターだったブライアン(ポール)、本当に残念でなりません。

第7弾の撮影中だったようですが、シリーズはどうなるのでしょうか?

ご冥福をお祈りします。

という事で、本題です。

昨日は映画の日、本当は梅田(大阪)で公開している「タワーリング・インフェルノ」を観に行きたかったのですが、仕事以外で梅田(大阪)へ行くのは寒いし面倒くさいので、出かけた場所は車で15分程の場所にある「109シネマズ箕面」。

今年16本目

映画のタイトルは、
        「すべては君に逢えたから」


e0204795_9271245.jpg

特に観たい作品がなかったのでこの作品に決めましたが、映画の日でロビーには沢山の人がいたのにシアター内はガラガラ、なので失敗したかなと思いましたが・・・。

内容は、東京駅を舞台にクリスマスに向けて進行する、クリスマス気分が味わえる6つの心暖まるお話。

まあ、ちょっとベタ過ぎなよくある内容でしたが、邦画のクリスマスものにしては良い作品でした。

個人的には、そのうちのひとつのエピソードで、時任三郎さんと大塚寧々さんが演じていた家族の物語「二分の一成人式」が良かったです。

また同じ曲ですが、エンドロールで流れる主題歌「ゆず」と劇中歌「JUJU」が歌う曲「守ってあげたい」が作品にあっていて良かったです。

しかし、クリスマスにこそ観るべき映画なのに、それまで公開しているかな?

次こそは、「タワーリング・インフェルノ」を観に行く予定です。
[PR]

by nanapapa4322 | 2013-12-02 09:30 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< ファミリーマートのラーメンまん LOVELY 那奈ちゃんが行く... >>