【本】小説 リトル・チャロ

今日は、いつもお世話になている近所の日産で、新型のエクストレイルを試乗してきました。

そして、自分と那奈のお正月はというと、毎年ちょこっと仕事が残っていたりして正月といってもゆっくり過ごせませんでしたが、今年の三が日は録画していた映画を見たり読書をしたりとゆっくり過ごし事が出来ました。
また三が日は過ぎちゃいましたが、そろそろ参拝客も減ってきただろうと思うので明日は那奈を連れて初詣に行こうと思っています。

という事で、今年1冊目。

   本のタイトルは、「小説 リトル・チャロ」

e0204795_21182744.jpg

内容は、NHKで放送された英語の教材としても活用されているアニメの小説版で、日本からの旅行中にニューヨークの空港で飼い主とはぐれてしまった子犬チャロのお話。

アニメは見た事がなくストーリーも知りませんでしたが、ワンコものという事で三が日で読もうと思い購入しました。

読んだ感想は、よくある内容ですが子供向けでもないし面白かったです。

特に、チャロの最後の行動が奇跡の再会につながる訳ですが、なかなかできる行動ではないし、自分でもできるかどうかの自信はないです。

また、チャロは空港での輸送時の事故で冒険をするはめになりましたが、自分が飼い主の少年と同じ立場だったら、もうショックで何も手につかないと思います。
絶対に、那奈を連れて飛行機での旅行はできないなと思いました。

なので今後は、車の運転が大変でも高速の割引がなくなってお金がかかっても、今まで通り車とフェリーの利用で旅をしようと思います。
[PR]

by nanapapa4322 | 2014-01-05 22:00 | 読書 | Comments(0)  

<< 那奈と初詣 新年あけましておめでとうございます >>