【映画】7番房の奇跡

いつもの事ですが暇な時は暇で仕事がある時は重なって、今回も現場や図面の仕事などが重なりオリンピックまで始まったので、この二週間ほどはあまり寝ていません。

でも今日は、気晴らしに仕事の参考になるものを探しに午後から梅田(大阪)へ行き、ついでに映画を見てきました。

今年2本目。

    映画のタイトルは、「7番房の奇跡」

e0204795_20192433.jpg

内容は、殺人の容疑を掛けられて刑務所に入れられた、6歳の心を持つた父親と6歳の娘の親子愛を描いた韓国版「アイ・アム・サム」。

ですが、いろんな面の説明不足というかツッコミどころが満載で、ちょっと期待し過ぎました。

しかし、子役の演技は素晴らしく、ラスト近くからは泣けます。

次は、「魔女の宅急便」を観に行く予定です。
[PR]

by nanapapa4322 | 2014-02-12 20:30 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< 雪の散歩道 【本】イヌのなみだ >>