フィアットの横を歩いている女の子

今日は、約30年ぶりにひとつの謎が解決しました。

それは、先週観に行った映画「ルパン三世カリオストロの城」のワンシーンで、初めてテレビで観たときから気になっていた、オープニングシーンでルパンたちが乗っているフィアットの横を歩いている女の子が修道院から戻る途中のクラリスかどうか?

答えは、どうやら違ったようです。

これは自分の勝手な解釈ですが、よく考えるとこのシーンはルパンたちがカリオストロ公国に入国する前。
約30年間思いつきもしませんでしたが、あの伯爵から逃れてクラリスが国外にいるわけがないし、演出的にはクラリスだった方が宮崎駿らしいと思いましたが、実際は関係のない女の子のようです。

そして新たに、「札束をばらまいているシーンに五右衛門がいる」「未来少年コナンが登場する」という情報も知ったので、早朝の散歩から戻って仕事を始める前に所有しているDVDでチェック。

結果は、確かに車内が札束でいっぱいのフィアットの後部座席に五右衛門の姿があり、時計塔が崩れるシーンではコナンが登場していました。

おそらく、ファンの間では有名な話だろうし、今さらなに言ってるのってレベル。

そして、約30年ぶりに謎が解決したのに、またひとつ謎が増えてしまいました。

それは、札束をばらまいているシーンからお城を張り込むシーンまでの間、五右衛門はどこにいたのでしょうか?

観光でもしていたのかな?

さすが「ルパン三世カリオストロの城」、他にも何かありそうですが奥が深いです。
[PR]

by nanapapa4322 | 2014-05-15 16:00 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< 【映画】WOOD JOB!~神... 今年最初の扇風機 >>