【TV】ブラック・レイン

昨日は、高倉健さんへの追悼の意を込めて、以前に録画していた出演作を鑑賞。

  映画のタイトルは、「ブラック・レイン」

感想は、マイケル・ダグラスさんにも負けない、松田優作さんの鬼気迫る迫真の演技。
当時は、公開直後に亡くなった松田優作さんが注目されましたが、健さんもアンディ・ガルシアさんとデュエットでレイ・チャールズを歌ったり、マシンガンを片手にシュワちゃんっぽくキメたりと負けていません。

また舞台は地元の大阪で、阪急百貨店(チャーリーが劇中でコートを奪われるシーン)はよく通る場所だし、道頓堀や十三など知っている場所が映像で流れますが、やっぱり今観てもおかしな演出の大阪の街。

最近では「GODZILLA」での日本の演出というか日本語の喋り方が変でしたが、特に「ブラック・レイン」はヤクザが英語を喋っているので余計変な感じ。

まあ、面白いのでいいんですが、日本側の俳優たちも英語を喋らないで普通に日本語を話したらいいのにと何回観ても思います。

今頃は、天国で松田優作さんと再会し、懐かしい話で盛り上がっているのでしょうか?
[PR]

by nanapapa4322 | 2014-11-20 10:30 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< 【本】災害から、愛犬を守る。 那奈と黄色いハンカチの想い出 >>