【Blu-ray】新大久保物語

この一ヶ月、打ち合わせや数時間程度の外出時は部屋でお留守番をさせていましたが、昨日は終日現場の仕事だったので那奈はベランダでお留守番。

でも、昨日は暖かかったので良かったです。

そして、またひとつ仕事が完了し今日も比較的暖かかったので、午前中は那奈を洗って午後からは那奈とBlu-ray鑑賞。

最近珍しくちょっと気になっている、「アオハライド」や「神戸在住」に出演していた女優(藤本泉さん)の出演作を借りようとレンタル屋に行くと置いていなかったので、先日Blu-rayを仕方なく購入。

    映画のタイトルは、「新大久保物語」

e0204795_15535113.jpg

内容は、韓流の町・新大久保を舞台に、日本でK-POPアイドルを目指す5人の若者たちと彼らの才能を見抜いたマネージャーのお話で、藤本泉さんはそのマネージャー役。

感想は、ハッピーエンドで終わると思っていたのに、「今時こんな展開あり」というか昭和のドラマであったような衝撃的なラストに驚かされ、国生さゆりさんらキャスト陣もなかなかいい感じで面白かったし、思わぬ掘り出し物でした。

個人的には、5人の若者たち(実在する、K-POP人気アイドルグループ「MYNEME」)が、全員同じ顔に見えて観終わるまで区別がつかなかったので、女性一人に男性が二人ぐらいのグループ構成の方が良かったのにと思いましたが、間違いなくマネージャー役だった藤本泉さんは主役?「MYNEME」よりも目立っていたし、近いうちにブレイクすると確信しました。

それから、もうひとつ確信したことがありました。

那奈はテレビを見るのが好きで、特に「フィギュア・スケート」が好きです。

母親が観ていたら、知らない間に1階に降りて一緒に観ています。

そして、今までは「フィギュア・スケート」の華麗な動きや音楽が好きなのかな思っていましたが、どうやら違ったようでイケメンが目当てだったようです。

この「新大久保物語」を、いつもよりも真剣に観ている那奈を見て確信しました。

ちなみに、いつも大人しく一緒に観ますが、今まで一緒に観ていたときに唯一吠えたのが「スター・ウォーズ」で、それはジャー・ジャー・ビンクスとダース・ヴェイダーの登場シーンでした。
[PR]

by nanapapa4322 | 2015-02-12 16:00 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< 座椅子の肘掛けにもたれて 【映画】ミュータント・タートルズ >>