【TV】クロがいた夏

今日は、70回目の広島「原爆の日」。

戦争の映画は好きじゃないのでほとんど観ませんが、「まれ」が終わってチャンネルをかえるとファミリー劇場で放送されていて、動物ものということもあってつい鑑賞。

    映画のタイトルは、「クロがいた夏」

内容は、「はだしのゲン」で有名な中沢啓治さん原作の、当時飼っていた猫と被爆体験をもとにしたお話。

クロとの楽しい日々どころか、広島市民の命を一瞬にして奪った一発の原子爆弾。

感想は、戦争の悲劇は別にして、投下直前に少女を救ったクロの行動(恩返し?)が、自分も阪神淡路大震災のときに先代チャッピー行動で助けられたようなものなので、なんとなくそれと重なり、あながちそんなことはありえないとは思えず、最後まで観てしまいました。

引続き「はだしのゲン」が放送されますが、録画することにして朝一に銀行へ。

でも、外はすでに暑いです。
[PR]

by nanapapa4322 | 2015-08-06 11:00 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< 【映画】ジュラシック・ワールド あるよ! >>