【映画】クリード チャンプを継ぐ男

自分の年賀状は完成しあとは投函するだけですが、今日の午前中は一番面倒くさい家族の年賀状の裏面デザイン。

そして午後からは、今年最後の映画を観に行ってきました。

今年19本目。

映画のタイトルは、
      「クリード チャンプを継ぐ男」


e0204795_12385885.jpg

内容は、ロッキーが亡き盟友アポロの息子と再びリングへ上がる新章。

感想は、スター・ウォーズシリーズと同じ(7作目)で、このシリーズもさすがにもう製作はされないだろうと思っていましたが、観れたことに感謝。

まずオープニング、クリード夫人の登場でなぜか感激し涙を誘いますが、往年のファンにとってはロッキーを彷彿させる演出に泣けました。

というか、ネタバレになるので詳しくは書きませんが、主人公をあそこまで立派に育てあげたクリード夫人の方がロッキーより凄いです。

個人的には、エンターテインメント性という点では「ロッキー4」、ドラマ性という点では前作の「ロッキー・ザ・ファイナル」が今まで最高だと思っていましたが、今作は両方を含めたシリーズ最高の出来だと思うし、見事に「ロッキー」から「クルード」へ魂が受け継がれ、新たな物語が誕生したと思います。

まあ、さすがにこれで終わりだろうと思いますが、やっぱり次回作を期待したいです。

そして今年観た映画は、洋画9本と邦画10本の合計19本。
去年より5本減りましたが、マイ・ベスト5はこんな感じです。

★洋画★

1.クリード チャンプを継ぐ男
2.スター・ウォーズ/フォースの覚醒
3.シンデレラ
4.ワイルド・スピード SKY MISSION
5.ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

★邦画★

1.俺物語
2.天空の蜂
3.くちびるに歌を
4.ガールズ・ステップ
5.レインツリーの国

来年の期待作は、スター・ウォーズ初のスピンオフ作品「ROUGE ONE ローグワン」や「インデペンデンス・デイ」の続編ですが、最初の映画は「人生の約束」を観に行く予定です。

でも、気が向いたら先月オープンしたばかりのエキスポシティへ、話題になっている4DX版「スター・ウォーズ」を観に行くかも知れません。
[PR]

by nanapapa4322 | 2015-12-23 17:30 | 映画・TV・舞台など | Comments(0)  

<< クリスマス・イヴの奇蹟 BB-8と那奈 >>